アクセスサイトマップ
HOMEご予約客室概要地図&周辺案内交通FAQ
作家 プロフィール

菅井 汲(すがい くみ)

1919年3月13日-1996年5月14日 洋画家、版画家。国際的に最も高く評価されている日本人画家の一人。
1919年、神戸市東灘区に生まれる。 本名は貞三。大阪美術工芸学校に学んだ後、1937年から阪急電鉄宣伝課で商業デザインの仕事に就く。
プロ野球の阪急ブレ−ブスのマークなどを制作。 1952年渡仏。日本画を学んだこともある菅井の作品は、東洋的なエキゾティシズムをたた
えたものとして、パリの美術界で高い評価を与えられた。
当初はアンフォルメルの影響を受けた、象形文字のような形態を描いていたが、1962年頃から作風は一変し、幾何学的な形態を明快な色彩
で描いた「オートルート」のシリーズを制作するようになる。 映画ファンなら誰でも知っている。
アメリカ映画「悲しみよこんにちは(1957年作品)」にスタッフとして参加(画中に作品使用)、タイトルロールにも名前が出る。ギャラリーの
シーンはまさにデビューしたての菅井の個展風景。 1970年代からは、ほとんど円と直線の組み合わせから成る、より単純化され、無駄を
省いた作品を描くようになった。モチーフはほとんど機械的に組み合わされ、一つひとつのモチーフは正確に描かれる。
「ハード・エッジの時代」 晩年には「S」字のシリーズを描き続けた、「S」は「スガイ」の「S」であるとともに、高速道路のカーブをも意味している。
菅井は「なぜ同じ絵を描き続けてはいけないのか」と問い、同じパターンを描き続けること行為自体に個性があると考えた。
リトグラフやシルクスクリーンの作品も多く残した。

経 歴
1919年 神戸市東灘区御影町に生まれる。
1937年
阪急電鉄にて商業デザインの仕事につく。 渡仏。この間、イタリア人画家パオロ・バロールズらと知り合う。
1952年 クラヴェン画廊と契約。詩人、ジャン=クラランス・ランベールらと親交。
1954年 ピッツバーグ・カーネギー・インスティテュート国際美術展出品。 (以後、58、61、67、70年に出品。)
1955年 ニューヨークのクーツ画廊と契約。東京国際版画ビエンナーレ展第一回展出品。
1957年 ブリュッセル、万国博覧会フランス館における「20世紀美術」展出品。
1958年 カッセル、第2回ドクメンタ展出品 リュブリアナ国際版画展出品。
(以後、61、63、65、69、70、73年に出品。)サンパウロ・ビエンナーレ展出品。
1959年 ウイーン現代フランス絵画展出品。東京国際版画ビエンナーレ出品。
1960年 ドイツ、レーベルベルクーゼン国立美術館にて回顧展。
1961年 エコール・ド・パリ展出品。毎日日本国際美術展出品。 この頃より主観性を廃し、対象物を記号化した明快でスピード感ある表現を展開。
1962年 エコール・ド・パリ展出品。パリ、シュルアンデパンダン展出品。
1963年 ハノーバー、ケストナー協会にて回顧展。
1964年 ハンブルグ、「デイ・インゼル」にて回顧展。
1965年 プラハ、世界グラフィックの現代諸流派展出品。東京国際近代美術館、 海外在住日本作家展出品。
1966年 クラコウ国際版画展出品。(以降、68、70、72、74年にも出品。)東京国際版画ビエンナーレ展出品。
1967年 バカンスからの帰り、パリ郊外で交通事故を起こす。頸部骨折の重傷を負うが 奇跡的に一命をとりとめる。カナダ、モントリオール万国博覧会フランス館に出品。 パリコンパレゾン展出品。パリ、ガリエラ美術館における「ジャズの時代展」に出品。
1968年 退院後、東京国立近代美術館の壁画制作に専念する。フランス絵画1900-1967展出品。(アメリカを巡回)ヴェニス・ビエンナーレ展出品。
パリ、今日のヨーロッパ絵画展出品。
1972年 東京国立近代美術館、京都国立近代美術館「在外日本人作家展」出品。
1976年 菅井汲全国展。
1980年 菅井汲新作版画全国展。(現代美術センター)
1984年 巨大リト制作。
1991-93年 東京、芦屋倉敷にて新作展巡回。
1996年 5月14日、心不全により77歳で生涯を閉じる
宿泊日
オフィシャルサイトからのご予約がい一番お得
路線地図
アメニティグッズ
ツイッター ホテルランドマーク梅田
HOTEL LANDMARK UMEDA
ADDRESS : 大阪市北区芝田2-3-22
PHONE : 06-6375-8111 FAX : 06-6375-8080
MAIL: landmark@atlas.plala.or.jp
Copyright (C) 2011 HOTEL LANDMARK UMEDA All Right Reserved